読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高次元な工事現場から中継です

スピリチュアルエッセイ。またの名を「神との対話」(←ウソつけw)

ピンクのクマがメールを運ぶ 〜ポストペット・ノスタルジィ

スポンサーリンク

ピンクのクマがメールを運ぶ

いまやインターネットは

日常から切り離せないものになってますが

自分自身のネット歴は、今年でようやく

20年というところです。

 

懐かしのパソコン通信

今から20年と少し前、職場に

パソコン通信を楽しんでいる同僚がいました。

パソコン通信という響き自体

ずいぶん懐かしく感じますね(笑)

NIFTY-Serve、って単語だけで酒が飲めたりする人も

いらっしゃるんではないでしょうか?(笑)

 

私自身は当時パソコンなんて持ってなくて

その同僚の持ってる小型ノートパソコンから

「会議室」なるもののログを見せてもらい

(今でいう、掲示板のようなものでしょうか)

 

「ヘェー、スゴイー!」

 

と感嘆の声をあげるだけの

ただのバカでした(今もですが。笑)

 

ピンクのクマがメールを運ぶ! ポストペットにハマる

ところがある日、その同僚が私に

「これを見て欲しい!」

といきなりモニタを突きつけてきたのです。

 

そこには、フルカラーの小さな部屋がありました。

中央にはなぜか、ペンギンさんがいました。

ペンギンさんは、とくにやることもないのか

部屋の下部にはいつも

「だらだらしています」

というメッセージが記されています。

 「コイツ、だらだらしてるだけなん?」

 と私が問うと、

「違うんですよ!

 このコは、頼んだら、私の書いたメールを

 友人たちに届けてくれるんです!」

どうやらこのペンギンがだらけてる部屋自体が

メールソフトであるらしい。

 

そう理解した瞬間、

 

「私、コレ、欲しい!!

 このコが欲しいっ!!」

 

と、その同僚に向かって叫んでいて

次の週末には一緒にパソコンを買うのに

付き合ってもらっていました。

 

ネコにメールを運ばせるためだけに20万円 

ポストペットというメールソフトを使うため「だけ」に

20万円即金で払いましたよ、私(笑)

 

晴れて我が家にパソコンがやってきた!

インターネット導入や!

・・・というよりは

「ポストペットがやってきた!」

という表現が、いちばんしっくりきます。

8種類のキャラクターから

自分のメールを運ぶペットを選べるということで

私は「ネコ」を選びました。

 

ネコにメール運ばせるために、20万払いました(笑)

・・・ま、その後、リアルネコのために

2000万円つぎ込むことになったんですが

その話はまたいずれ(笑)

 

昔の「文通」を彷彿とさせた「ポストペット」コミュニティ

さて、このポストペットというメールソフト

相手のメーラーは問わないっちゃ問わないんですが

やっぱ相手もポストペットを使ってる方が

楽しいことがテンコモリなのです。

 

というわけで、当時確か、発売サイドの公式?

であったポストペットのコミュニティに参加し

メル友を探しましたね、ええ。

なんだか昔の「文通相手募集」

彷彿とさせます。ああノスタルジィ。

 

ありがたいことに、何人かのメル友ができました。

メールの内容なんて極めて薄いですし

相手がどんな人かもよーわかりませんが(笑)

 

f:id:ikinarinurikabe:20170210152512j:plain

 

カメさんやペンギンさんやロボットさんが

ちょこちょこ我が家に来てくれるようになりました。

 

その中に1人、ポストペットの

おやつやお部屋を自作する人がいました。

 

ポストペットは、メールを届けた先で

おやつをもらったり撫でてもらったり

洗ってもらったりすることができます。

しかも、その報告メールをくれます。

 

たとえば、

「いちごショートケーキをいただいた。

 やさしく撫でられた。」

ってカンジで。

 

私も、お客様にこれらをしたくて

メル友を募ったんですけど

その自作クン(仮称)のところにネコを行かせると

 

f:id:ikinarinurikabe:20170210152538j:plain

 

なーんてメールをよく持って帰ってきてました。

なんか、私の知らないところで

すんげープレイを楽しんでいるんだなぁと

感慨深かったです(笑)