読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高次元な工事現場から中継です

スピリチュアルエッセイ。またの名を「神との対話」(←ウソつけw)

痛みを感じていなくても処置をしたほうがいいかも

スポンサーリンク

歯の根元、処置しなおします

現在、歯科にかかっています。

もともと半年に1度は

検診受けているのですけど

前回の検診で

ちょっとやっかいなのが

見つかりましてね。

子どもの頃(40年くらい前)

に神経を抜かれた歯の

根元の歯茎の腫れがひかず

どうもその歯の根元が

悪さをしているようだと。

だから、被せも一度外して

中の処置をしなければね!

・・・というのが

前回の検診時に言われたこと。

なので昨日は

かなりの覚悟をもって

歯科に向かったつもりでした。

 

いきなり掘削!(ホラー)

「おはようございます」

「おはようございます」

先生、いつもさわやかです。

「では、掘りましょう。

 神経抜いてるから

 痛くないですからね♪」

・・・いきなり掘削!(怖)

や、確かに痛くはないんですけど。

でも、ひたすらに掘削される

あの感覚・・・怖すぎる。

まさにホラー!

 

f:id:ikinarinurikabe:20170414112228j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20170414112241j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20170414112305j:plain

 

痛みを感じていなくても処置をしたほうがいいかも・・・なコト

で、ちょっと思ったこと。

歯だけではなくて

現在、痛みを感じていないとしても

なんらかの処置をしたほうが

今後のためになることって

たくさんあるのかもしれないな、と。

幼少期の経験からできた

よろしくない思い込みとかさ。

たとえば私なんかは

10年くらい前までは

太ってて酒を飲む男性が

大の苦手でした。

太ってて酒を飲む男性

イコール私を殴る男性

という図式があったんです。

父親の影響なんですけどね。

(父親=アル中、DV)

今では、陽気なオッチャンやな〜

と思えます(笑)

その思い込みに「気付いて」

「いや、そんなことないやろ」

と書き換えたからです。

 

悩みがない・・・と思う、は危険かも?

でも、太ってる男性が苦手、ってのは

実生活にそんなに害はないんですよ。

だから長いこと、放置してました。

そんなもんやろ、と。

でも、ここに気付いただけで

今度は芋づる的に出てくる

あんな思い込みやこんな思い込み。

「気付く」だけで楽になれることが

こんなにたくさんあるのかと

本当に驚いたのです。

そんな経験から、

「悩みがない・・・と思う」

「幸せだと・・・思う」

という状態には

本当は悩みはあるし幸せでもないのに

それを感じないようにフタしてる

なにかがあるんじゃないか。

そのフタさえ外してしまえば

心はもっと軽くなるんじゃないか、と

思うのです。

(私の歯も、中を掃除して

 スッキリさせますよー。

 怖いけど。笑)

 

気付くだけで人生が変わるかも

極論言えば、気付くだけで

人生変わるかもしれません。

そんなキッカケに

気付かないフリをするのは

やめたほうがいいと思いますよ。