高次元な工事現場から中継です

スピリチュアルエッセイ。またの名を「神との対話」(←ウソつけw)

チャンスはいつまでも目の前にあるものではない

スポンサーリンク

負うた子に負われる

昔、職場の大先輩の女性が

若い女子に仕事で助けてもらったとき

「負うた子に負われるというのは

 こういうことやなぁ」

などと非常にイイコト言ったんだけど

件の若い女子は、なにやらキョトン。

あとでよくよく話を聞いてみると

「大蛸に追われる」

と思ったらしいのです。

 

f:id:ikinarinurikabe:20170419150557j:plain

 

大蛸に追われる

まぁ、ただの空耳と言ってしまえば

それまでのハナシかもしれませんけど

日常生活の中ではこんな程度の

「小さな誤解」「小さな勘違い」

意外と横行してるかもしれませんね。

すっごい悩んでるんです!

もう、私、無理です!!

って、うずくまって

すべてを拒否する体勢に入ってるとき

「いや、それ、違うんじゃね?」

っという一言で救われることって

想像よりもずっと多いんじゃないかな?

としみじみ思うのです。

 

萌えに燃える

萌えに生きればいいのに。

それ違うから、こうすればいいのに。

そんな「一言」聞くだけでも

相当の価値があります。

が。

そんな程度じゃ終わらない。

それが今回のゴリヤクセミナー。

(現在は受付終了しています)

 

私はすでに、半年にわたる本講座

(萌えコン塾=萌えをビジネスにするコンサル)

を受講済ですが

本講座受講のキッカケは

当時のプレセミナー

(今の、ゴリヤクセミナー)

でした。

今でも、正直、うまく言語化できません。

ただ、言語化なにそれ美味しいの?

って頭がポーン! ってなるくらいに

そのプレセミナーが面白かったんですね。

講師のちくさん、まみさん。

略して「ちくまみ」

お二方とも、まったく存じておりませんでした(笑)

ちくまみ? なんか、酒のアテみたいやな!

(ちくわのおつまみ、の略だと思った。笑)

・・・くらいの認識で受講しても

そのプレセミナーの破壊力は

凄かったんです。

 

次はない!

萌えコン塾の講師、ちくまみさん。

今回、ゴリヤクセミナーと名を変えて

全国行脚されていますが

先月、私、大阪会場に参加したんです。

・・・ぶっちゃけ、半年前の

「プレセミナー」よりも

はるかに濃密になっていました。

価格据え置きなのに!

(↑ 関西オバチャンの萌えポイント。笑)

いいかげん、オマエなんでそこまで

しつこく告知すんねん!

と思われているかもしれませんが

しつこく告知するのには

もちろん意味があるんです。

半年前、え、これ、5000円??

ってビックリしまくった記憶が

いまでもまだ消えないんです。

こんな「オイシイ」セミナー

誰にも教えないとか

そんなイケズなこと、したくないんです。

ほんとにほんとに。

人生、グルン、と変わるかもの機会。

一人でも多くの方に

体験していただきたいんです。

ちなみに、ちくまみさん

もうこんなセミナーはやらないと思う

とおっしゃってます。

チャンスって、

いつまでもあるもんじゃないんですよ。