高次元な工事現場から中継です

「神との対話」なフリして自己主張

人は自分の見たいものや興味のあることしか見ていない

スポンサーリンク

人は自分の見たいものや興味のあることしか見ていない

人は自分の見たいものや

興味のあることしか

見ていない

ということを

しみじみ痛感したのは

四日前の話(笑)

先週末の土曜日は

大好きなバンドのライヴでした。

赤坂タカシとニューコパカバーナ

・・・あ、これが、バンド名ですw

https://www.facebook.com/TakashiAkasaka.and.NewCopacabana/

レコ発だったので

CDを買いまして

ジャケ裏のメンバー似顔絵に

サインをいただいたのですが

f:id:ikinarinurikabe:20170621074620j:plain

これを見たときに

私がまず思ったのは

「左利きさんが描くと

 こうなるんだなぁ〜」

ということ。

メンバーさんの顔の向き、

私が苦手とする方向が

多かったのです。

 

利き手によって得意な方向が変わる

私は右利きなので

この絵の方向がラク。

f:id:ikinarinurikabe:20170621074705j:plain

逆を描こうとすると

ペン先がプルプルするので

(私が未熟だからですが。笑)

最近は得意なほうから描いて

反転させています。

デジタル万歳!(笑)

f:id:ikinarinurikabe:20170621074736j:plain

で、この似顔絵を見て

「メンバー似てるわ〜」

と感じた人もいるだろうし

まず曲名リストをチェック!

という人もいるだろうし

会場で見なくても

家に帰ってから・・・と

そそくさとバッグに入れた人も

きっといることでしょう。

 

人は自分の見たいものや興味のあることしか見ていない

結局、人は自分の見たいものや

興味のあることしか

見ていないのですよ。

そして、見えている世界が

その人の世界なわけです。

ならば、何に興味を持つか?

何を見たいと思うか?

ココを意識するだけで

世界はあっさり変わるんだろうな。

意識してないと

損ですよね、きっと。