高次元な工事現場から中継です

「神との対話」なフリして自己主張

エネルギーバンパイヤはどこから来てどこへ行くのか

スポンサーリンク

エネルギーバンパイヤについて

エネルギーバンパイヤという言葉が

市民権を得て久しいわけですが

(ってホンマに市民権得たんかね?w)

なーんとなく違和感を感じてることを

つらつらと書き連ねたいと思います。

 

自称エネルギーバンパイヤは存在しない

そもそもさ、

エネルギーバンパイヤって

当然のことながら

「可視化」はされてません(笑)

されてたら、オモロイとは思うけど。

「あの人と一緒にいると疲れる」

「あの人からエネルギーを

 奪われてしまう」

というのは、あくまで

エネルギーを吸われた側の主張。

つまり、自称エネルギーバンパイヤ!

などというものは存在せず

「被害者からの申告」にのみ基づき

生まれくるもの、それが

エネルギーバンパイヤなわけです。

 

エネルギーバンパイヤ認定システムは魔女狩り?

だとすると

エネルギーバンパイヤだ!

と認定(?)された方々ってのは

特別な公式認定を受けたとかではなく

1日5時間の講座を

3日間受講したとかでもなく(笑)

あくまで一個人からの「申告」で

めでたく(いや、めでたくはないか!w)

エネルギーバンパイヤ協会の会員として

登録されてしまうわけなのですね。

システム的には、ほぼ魔女狩り。

 

 

それは本物のエネルギーバンパイヤ?

とまぁ、ここまで書いておいて

言うのもアレですけど

確かに存在しますよね、

エネルギーバンパイヤ。

無防備でいたらヤられてしまうことも

そりゃもちろんあるわけです。

あるからこそ、ここまでこの単語が

認知されているわけですんで。

私自身もモロに喰らって

しんどい思いをしたことがあります。

で、一度しんどい思いをすると

そーゆー輩に敏感になったりします。

エネルギーバンパイヤに対する

アナフィラキシーショックとでも

言いましょうか。

ちょっとでも不快に思うヤツがいたら

「ヤダー!

 またエネルギーバンパイヤよー!」

・・・さて、コレ

本物のエネルギーバンパイヤ?

というところで

なーんとなく違和感を

感じてしまったのです。

 

エネルギーバンパイヤと境界線を引くレベル

自分自身を守るのは

自分の責任なので

違和感を感じるような方々と

わざわざお付き合いする必要は

基本的にはないと思います。

だがしかし。

その「自分自身」が

おっそろしく疲弊している場合

どうなんでしょうか?

ってコレまさに

今の自分自身なんですけどね。

自分自身が整っていて健全で

明るい思考を持っているときに

今、バンパイヤだわ!

って感じている人に対して

エネルギーバンパイヤがキター!

不快不快不快!!

と同じように感じるのだろうか?

・・・違う気がしたのですね。

自分自身がどんな状態であれ

エネルギーバンパイヤは

存在するとは思うのですけど

境界線を引くレベルが

自分の心身の状態によって

ずいぶん変わってくるよなぁと

感じたんです。

 

あなた自身は健全ですか?

エネルギーバンパイヤから

自分自身を守るため

線引きをするのは大切なこと。

だけど、まずは

その線を引けるだけの自分自身を

しっかりと確立すること

前提なのでは? と思うのです。

あなたがバンパイヤだと思っている

その人は本当に有害ですか?

そして、自分自身は

本当に健全ですか?

エネルギーバンパイヤを感じるのは

自意識過剰な人に多いとも

感じている今日この頃。

自意識過剰な人って往々にして

自身がエネルギーバンパイヤになる

可能性も秘めているなとも思えて。

いわば同族嫌悪かもしれんなーと。

エネルギーバンパイヤを

擁護するつもりはありませんが

まずは自分自身のエネルギー状態を

キチンと整えた方がいいかも?

という戯れ言でした。

 

f:id:ikinarinurikabe:20171013162048j:plain

健全な自分自身を確立するために

美味しいモノ食べるのも

アリですよね〜♪(笑)

コレ、竹輪の薫製なんです!

竹輪の概念をはるかに越えてました。

価格は立ち飲み、味は料亭!

京都に行ったら、帰りはココ!

店主はご陽気なイケメンハーフ男子!

2000円ありゃ

絶対に満足しまくれるので

行ける人は絶対行ってみそ!!

樫尾酒店

 

無料のメールマガジン

いとをかしんぶんのお申し込みはコチラ♪

毎週日曜日に、週間運気予報、お届けしてます♪

(携帯アドレスには届きませんので

 パソコンのアドレスやGmailなどで

 よろしくお願いします)