高次元な工事現場から中継です

「神との対話」なフリして自己主張

ピルと布ナプキン(5)〜ピルの副作用と布ナプキンの効用

スポンサーリンク

ピルの副作用

の続きです。

 

ピルの副作用で

一番大きかったのは

「高血圧」です。

もともとひどい貧血だったので

まさか自分が高血圧になるなんて!

と、信じがたかったのですが

血圧計は多分

ウソついてなかったと思います。

あと「15kg太りました」

35歳からピルを飲み始めたので

単純に年齢的にも

太りやすい時期だったのかも・・・

・・・ですが、やはりこれも

ピルの副作用だったのかな?

と思います。

そして「経済的な負担」

中容量ピルならば

保険適用なのですが

低容量ピルは自費扱いです。

薬代だけで

毎月2000円かかってました。

年間、24000円。

プラス、年に1回は

血液検査を受ける必要が。

5000円くらいだったかな。

10年以上飲んだから

30万円以上つぎ込んだことに

なりますね・・・(汗)

そうそう、最初、ドクターは

保険適用だから〜と

中容量ピルを

処方してくださったのですが

私の体質には合わなかった

というかキツすぎたのか

吐き気が止まらなくなり

低用量ピルに変更してもらったという

経緯もありました。

f:id:ikinarinurikabe:20171021130018j:plain

食欲も増進しちゃったかも・・・

 

布ナプキンの効用

逆に、布ナプキンの効用について。

ちょうどピルをやめるタイミングと

ときを前後して導入した布ナプキンは

私に「生理は悪者じゃないよー」

と教えてくれました。

若い頃に比べて

「生理」というものをおおらかに

受け入れられるようになりました。

これはあくまで精神論かもですが

ぶっちゃけ、布ナプキンには

女子心をくすぐる

可愛いデザインのモノも多く

選ぶ楽しみもありました。

ホントは染めてない地味なヤツの方が

身体にはイイらしいんですが

とりあえず自分が気に入れば

それでイイや! という

ゆるーい選択基準で

好きなようにできたのも

むしろ身体にはよかったようです。

使い捨てじゃないから

洗濯しなきゃならないとか

面倒っちゃ面倒もありますが

逆に、紙ナプキンの在庫を気にして

ドラッグストアの安売り情報を

しょっちゅうチェックする必要が

なくなったのはありがたかったです。

 

↑ で終わります。

長くてゴメンナサイ(汗)