いとをかしんぶん

オモロイことは、いとをかし。

金運を上げたければ、お金さんの声を聴こう

お年玉の相場は五千円

先日、年末年始の軍資金をおろしに

銀行へ行ってみたらば

現金自動預け払い機の列よりも

両替機の列の方が

はるかに長くなってました。

まぁ、台数がそもそも違うので・・・

・・・というのもあるのですが

両替機にこんなに長蛇の列ができるのは

年の瀬の風物詩とも言えるでしょう。

 

おそらくみなさんの目的は

「お年玉」用のお札の準備。

実際、両替機の前には

「五千円札は途中でなくなるかも」

的な張り紙がしてありました。

 

そうか。

お年玉の相場って

五千円なんだな(笑)

 

 

 

金運をアップする方法

また、お年玉とは別に

新年のお財布に新札をいれて

金運アップを狙う方々も

いらっしゃると思います。

 

よく耳にする金運アップの方法に、

 

(1)長財布を使う

(2)札入れと

   小銭入れをわける

(3)お財布に

   新札を入れる

 

というものがありますよね。

たとえば(1)に関して言えば

お札さんを折り曲げると居心地悪いから

のんびり寛いでいただけるように

長財布を使いましょう、と。

(2)は、風水かなんかで

お札の質と硬貨の質は違うから

なんとなくわけてあげたほうがいいよー

・・・的な?(あやふやでスマソ)

(3)は、気持ちいいからかな?

と、だんだんアヤシクなってきましたが。

 

(1)はね、なんとなくわかるんです。

私、身体もかたいし(苦笑)できれば

のんびり伸びていたいなーと思うので。

(2)も、自分自身が子どもの頃

大人が周囲にいるとウザかったので

(悪さばっかりする子やったんで。笑)

子ども(=小銭)は子どもだけで

遊ばせておくれよー、という

そんな気持ちがあるので理解。

 

ナゾなのが(3)の新札。

お金って、流通するのが仕事なので

つまり古くなったお札というのは

ベテランのお札さんですよね?

だのに、そのベテランさんを差し置いて

新人のお札さんに己の金運を託すって

どうなんでしょう?

ましてや、古いお札は要りません!

って両替機や銀行窓口に返すそのさまは

まさに姨捨山のようではありませんか?

 

子どもたちに、

お年寄りを大切にしなさいよ!

と教えたいなら

お年玉は古いお札の方がいい気がするし

自分自身のお財布にも

百戦錬磨のベテランお札さんを

いれておいたほうがいい気がするのは

・・・まぁ、あくまで個人的見解です。

 

なんでもコンパクトにまとめるほうが

気持ちがいいの! って方は

折りたたみ財布を使えばいいし

大人も子どもも賑やかに集まりたい方は

(2)みたいにお札と小銭をわけなくていい。

 

たぶん金運って

単純にカタチではなくて

自分自身の意識のあり方に

左右されるのではないのかなぁ?

と個人的に思っています。

 

だから私は、

ベテランのお札さんLOVEです。

金運を上げるためだけに

お年寄りやベテランさんを

排除する気持ちにはなれないのです。

 

f:id:ikinarinurikabe:20170616111207j:plain