高次元な工事現場から中継です

「神との対話」なフリして自己主張

人を神格化してはいけない

スポンサーリンク

2016年12月に書いた記事の再掲です

世の中には本当に凄い人、素晴らしい人がいらして

それは尊敬に値するし、流行語にのっかっちゃうと

神ってるなーとは思うんですが

だからって、ガチで「神」と崇めるのは

なんか違うよなーと思うんですよ。

 

だって「凄い人」「素晴らしい人」なんやろ?

 

つまり「人」やんな?

 

そこ、忘れたらアカンよなって思うんです。

 

人は、対等や。

 

崇めるのは勝手かもしれへんけど

崇めるかわりに、だから自分はダメダメやし

何もできませーん! って責任放棄するのは

絶対に違うよなーと思うんです。

 

 

 

自分で自分のことなんか

なかなか「凄い」「素晴らしい」って

評価できないと思いますけど

(少なくとも私はできません! 笑)

 

そうやないからって

なんもでけへん!

ってゆーのは

ただのサボリやから(笑)

 

f:id:ikinarinurikabe:20161205002201j:plain

 

自分で自分の過去記事読んで

確かになぁ〜(笑)と思ったので

再掲してみました。

そうです、自戒です自戒。