いとをかしんぶん

オモロイことは、いとをかし。

自分を大切にするために考えなければならないこと

自分以外の「他人」もその他人にとっては「自分」

自分優先!

自分を一番大切に!

そんな風潮を感じることが

最近多くなってきました。

確かに自分を大切にすることは

素晴らしいことだと思います。

必要以上に自分を押し殺すことは

良くないことだとも思います。

 

だけど、自分以外の「他人」も

その他人にとっては「自分」だということ。

ココ、忘れてしまうのは怖いなぁと

感じることもあるのです。

 

自分にとって大切でないものだから!

となんでも蔑ろにしていたら

しっぺ返しくらうと思いますよ。

 

 

これは良い例ではありませんが・・・

ある方のご友人のお子様が

滑り止めとして

推薦入試を受けたそうです。

ん? 滑り止めで推薦??

って、大人なら気付くのでしょうが

そのお子様は、

推薦の意味をよく理解しておらず

受験日直前になって

「推薦で合格した学校には

 他の学校に合格していても

 絶対に行かなければならない」

ということを知ったそうなんです。

そういう約束のある学校だったそうで

親御さんは理解していたのですが

お子様には伝わってなかったらしいんですね。

 

で、そのお子様はどうしたか。

本命の学校に行きたいので

推薦の受験日当日

わざとパープーな(笑)回答をして

望みどおりに、落ちたそうです。

 

そして、望んでもいないのに

本命の受験にも失敗したそうで。

 

大人なら自己責任で

これ、良い例じゃないのは

重々わかっております(汗)

ぶっちゃけ、お子様的には

自分の望む学校に行きたい!

と思うのは当然のことですし。

たまたま、説明の行き違いで

起こってしまった不幸な出来事。

 

だけど、これに似たようなことを

大人がやるのはどうなのよ、と

思うことが最近ありましてね。

自分の意志で契約しておきながら

 

「えー、私そんなん要らんし!

 それ、ソッチの都合やん?」

 

って、契約したのは自分だよね?

説明聞かなかったのも

調べなかったのも

考えなかったのも

モノの言い方も知らないのも

みーんな「自己責任」!!

 

ほんとうに自分を大切にする人は

きっと周囲も大切にします。

そのために、自己責任について

よく考えていると思います。

 

とにかく、

自分を大切に!

自分を一番に!!

って「何も考えずに」叫び続けるのは

ただのワガママじゃないでしょうかね。

 

f:id:ikinarinurikabe:20180331125826p:plain

 ↑ カエルが木から落ちても自己責任w