白髪姫と七ヶ月の格闘たち

思い立って、白髪染めから卒業しました。おそらく七ヶ月でグレイヘアになってるハズ。挫折防止のために、ここに記録を残します。

まほう色の瞳

エンリケ・バリオス著「まほう色の瞳」より

 

人生で大切なのは

幸せでいるということよ。

なんでも知っている必要なんてないわ。

その反対で、

知りすぎているということが

かえって幸せな人生の障害になる

ということが往々にしてあるもの。

 

浜辺の月を

楽しむことができなかったら

UFOの謎を理解するなんて

意味がないでしょう?

 

(UFOの謎について)

「彼らはいったいだれなの?」

「すぐれた世界に住んでいる

 善良な人々よ」

 

愛しているから

生きていたいんだ。

ぼくたちの動機は愛なんだ・・・

 

(エンリケ・バリオス著

 「まほう色の瞳」より抜粋)

 

 

 

エンリケ・バリオスさんは

「アミ 小さな宇宙人」シリーズの

作者さんです。

この「まほう色の瞳」

「アミ 小さな宇宙人」

ずいぶん前に話題になっていて

読みたいと思っていたのに

なぜか手に取ることなく

時間だけが流れてしまいました。

最近、ふと思い出して

ようやく読む機会に巡り会えたのです。

 

なぜ、今まで読まなかったのか

ほんとうに後悔しました。

だけど、今、読むことができて

ほんとうに良かったと思います。

 

心があたたかいものに満たされます。

少し恥ずかしい気持ちになるかもしれません。

その恥ずかしさとは

照れくささと、そして、自責の念のようなもの。

 

読んだことの無い方には

ぜひご一読をオススメしたいし

昔読んだよーって方にも

ぜひ再読をオススメしたいです。

 

こちらは今から読みます♪ ↓


 

はじめての方はこちらから♪ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アミ小さな宇宙人新装改訂版 [ エンリケ・バリオス ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)


 

f:id:ikinarinurikabe:20180109111716j:plain

↑ こちらは図書館でお借りしました♪