白髪姫と七ヶ月の格闘たち

思い立って、白髪染めから卒業しました。おそらく七ヶ月でグレイヘアになってるハズ。挫折防止のために、ここに記録を残します。

懸賞に当たるコツ教えます

懸賞に当たるコツ教えます

 ・・・って、なんか偉そうやなォィ(笑)

 先日、久しぶりに懸賞に当たりました。

 

f:id:ikinarinurikabe:20180825222223j:plain

 

 お香が欲しいな〜、とは思っていました。とくにここ数日、近所のお店の入口にお香コーナー(?)が出来ていて、エエなぁ、エエ香りやなぁとスンスンしていたのです。

 だからコレが届いたときはテンション上がりましたよ。うおー、引き寄せた! って(笑)

 

 

 でも、ほんとのところ言えば、欲しい欲しい! って思い詰めると当たらない気がしますね。今までの経験上。

 このお香だって、実は応募したことを忘れていましたし。

 

 

 ↑ エメラルドとかサファイヤとか欲しかったけど、欲しすぎて全然当たりませんでしたもん(笑)

 

無欲、利他の精神で応募する

 逆に、無欲、利他の精神で応募すると当たるような。職場近所の商店街でお昼休みに金券が当たったときは、とくに欲しいものもなかったので、職場のみんなにお菓子を買って帰りました。喜んでもらえたので、当たって良かったー♪ とホクホク。

 職場にお菓子と言えば、明太子味のせんべいを残業のときに差し入れて、それについてた応募券ハガキに貼って出したら、高級箱入り明太子が届いたこともあります。なんというか、まさに海老鯛。

 一番パンチ効いてたのは、キットカ○ト一年分(笑)・・・実は私、甘いモノはあまり好きではありません。ならばなんで応募したんや! ってハナシなんですけど、ネットでたまたま見かけたんですね。ハガキ出すとかなら面倒で応募しなかったと思うんですが、ポチッとするだけだったので。

 まさか、あのポチッで、キ○トカットが360箱自宅に届くことになろうとは(笑)・・・あ、一年分って、360箱でした。365箱ではないんやなー、と妙に感じ入ったものですハイ。そしてしばらくは、会う人会う人に名刺のごとくキッ○カットを配る日々。それでも全然捌けなくて、とうとうキャリーケースに入れて職場に持って行きました。

 で、ただ配るだけではオモロないんで、休憩室にジェンガみたいに積み上げたりました。ウケました。写メ撮る人が殺到して(今ならインスタ映え? 写メて懐かしいな。笑)なんか、やったった感で満足しましたわ(笑)

 

懸賞に当たるコツ(総括)

(1)無欲、利他の精神で応募する

難しいけど(笑)欲まみれでは当たらないっぽいような。

(2)応募したことを忘れる

執着しないことが大切です。

 

 ・・・というわけで、軽やかに応募してみましょ〜♪

 


 

 余談ですが、キットカッ○のジェンガ積みを見たある方が

「僕も一年分当たったことあるんですよ」

 とおっしゃいまして。

「え、何の一年分が当たったんですか?」

「・・・亀の子タワシです!」

「亀の子タワシ一年分って・・・」

「4コ入ってましたよ!」

 

 そのとき初めて、亀の子タワシは3ヶ月で交換するものなんだと知りましたとさ(笑)