白髪姫と七ヶ月の格闘たち

平成30年9月1日に白髪染めを卒業し、平成31年4月19日にグレイヘア完成しました。約七ヶ月の育成記録とグレイヘアにまつわるあれこれを、のんびりと綴っています♪

グレイヘアには○○が似合う、という新しい枠にとらわれない

グレイヘアには○○が似合う、という新しい枠にとらわれない

 なんつーか、まどろっこしいタイトルだなコリャ(苦笑)

 前回、グレイヘアになってからゴールドより銀の指輪が似合うようになったよ〜、などと書いたので、

 

これこれ。笑

 今回はアクセサリー繋がりで、ピアスのお話なぞ。

 グレイヘアになると顔回りがボヤけるので、ピアスとかイヤリングは大きなモノが似合うよ! などと巷では言われております。実際、映えるとは思います。また、どこかで気に入ったモノを発見したら、いつかは挑戦してみたいなーとは思ってます。

 だけど基本的に、私、ピアスは小さいのが好きなのね。どれくらいの小ささかと言うと、ん? 耳たぶに、マチ針さしてるんですか? と思われる程度のモノ(笑)

 

 

 だって、ピアスホールをあけた理由が「小さな玉のピアスをつけたとき、玉以外の金具が見えるのがイヤだから」なんですもん。針山にマチ針をプスッと深く突き刺して、丸い玉だけが見えている状態を、耳たぶで再現してみたい! というのが主たる動機で。

 実際、第三者から「こんなのも似合うと思うよ」って大きなピアスを勧められたこともあります。きっと似合うんだとは思うんですよ。ただ。

あんま好きじゃない(笑)

 似合うモノ = 好きなモノ、とは限らないじゃないですか。それでもせっかく似合うんだから、挑戦してみましょうよ、というのは絶対にアリだと思うんですよ。そこは否定しません。

 だけど、すでに「染めた方が素敵なのに(=似合うのに)なんでグレイヘアにしたの?」とかゆー無責任な周囲の意見をかいくぐって、好きだからグレイヘアにしたわけで。

 だのにまた、グレイヘアには○○が似合う、という新しい枠にとらわれるのは、何やってんだか私! と思ってしまうわけですハイ。

 染める染めないを自由に選んだように、似合う似合わないも自由に選びたいのです。・・・って、似合わないのはさすがにイヤかもだけど、セオリー的には似合わないモノでも、好き好きパワー(なんじゃそら? 笑)で力づくで似合わせてやるぞ! ってくらいの勢いで、好き放題やってもいいと思うのですよね。

 いまや私にとってのグレイヘアは、生き方を自由に選択する、という課題の中の、ほんの入口に過ぎません。英語を学ぶときの「How are you?」「Fine,Thank you」レベルです。中学英語です(笑)

 

f:id:ikinarinurikabe:20170416223833j:plain

好きすぎるコント師チョップリンの小道具画像(笑)