白髪姫と七ヶ月の格闘たち

平成30年9月1日に白髪染めを卒業し、平成31年4月19日にグレイヘア完成しました。約七ヶ月の育成記録とグレイヘアにまつわるあれこれを、のんびりと綴っています♪

グレイヘア、実年齢に見られたらそれでいい

化粧品の広告ではありません(笑)

「エッ、54歳??

 40代だと思ってましたー」

 ・・・フフフ。盛大に忖度だとは思いますが、久しぶりに言われちゃいましたよ、10歳若く見える説(説なのか?w)

 白髪染めしてた頃はよく言われてたんですよ。忖度だとは思いますが(笑)

 グレイヘアに移行して以降(Notオヤジギャグ)たとえ忖度でも言われなくなった・・・というよりは、あえて年齢には触れられなくなったというか。もしくは外見にも触れられなくなったというか。それは外見が残念だから無駄に気をつかわせてしまっていたのかなどなど、真偽のほどは定かではないのですが。

 

 

実年齢に見られたらそれでいい

 自分自身、年齢をどう見られようがどーでもいいと思っていた矢先の、冒頭のお言葉。でも、どーでもいいと思ってたくせに、嬉しかったのが正直なところ。やはり揺れる乙女心は健在だったのですね。

 だからと言って、さらに揺れ揺れの乙女モードに突入して、やっぱもう一度染めてみようかな、とはミジンコほども思いませんが。

 

 

 この記事にも書いたとおり、実年齢に見られたらそれでいい。乙女心としては「若く見られないことを嘆く」のではなく、たまーに若く見られたら(忖度・お世辞を問わない。笑)素直に喜んでおくことにします。

 グレイヘアで生きるって、等身大の自分を愛することなんじゃないかな。私、これでいいと思っていますので。決意とか力強いカンジじゃなく、もっとゆるーく自然体で。グレイヘア、心地良いよなぁ〜って。

 空を見上げて、風に吹かれて、アハハハァ〜ン、って(ぁゃしぃ人。笑)

 

白髪姫と七ヶ月の格闘たち

(注)冒頭の台詞に「54歳」とありますが、まだ53歳です(笑)
↑ この流れでそこにこだわるか?w
明後日に54歳になりまっする。