白髪姫と七ヶ月の格闘たち

平成30年9月1日に白髪染めを卒業し、平成31年4月19日にグレイヘア完成しました。約七ヶ月の育成記録とグレイヘアにまつわるあれこれを、のんびりと綴っています♪

よぉなる治療院 〜治したいから、治さない!


10月5日はグレイヘア大阪フェスティバル!

グレイヘア大阪フェスティバル・スタッフ会議のあとで

 先月29日(木)に、グレイヘア大阪フェスティバルスタッフ8名全員揃っての打ち合わせ会議を行いました。スタッフ全員、素敵なお祭りにしたい一心で、いつも真剣勝負です。

 

 

 当日登壇をお願いしている、グレイヘアリスト朝倉真弓さんの講演テーマ「人生の基準を他人の目にゆだねない生き方 〜 グレイヘアにしたら、人生がカラフルになった」をまるで体現するように、グレイヘアなスタッフの個性もまた、本当にカラフルです。私にはその発想はなかった! というような意見や、わー、そんなやり方もあるのか・・・とか・・・もう、目から鱗、白髪が虹の七色になりそうなくらいの(どないやねん! 笑)刺激的な会議でもありました。

 

 

よぉなる治療院 〜治したいから、治さない!

 会議終了後、久しぶりに「よぉなる治療院」にお邪魔しました。

 

f:id:ikinarinurikabe:20190901192943j:plain

 

 院長の片岡先生が、まだ街のリラクゼーションサロンにいらした頃からお世話になっています。整骨院勤務経験もあるし、柔道整復師の資格もお持ちの先生のマッサージは、本当に「欲しいところにきてくれる」まさにミスター・ゴッドハンド。

 だけど彼の実力は、ただのゴッドハンドにおさまるようなものではありません。当時、私は施術を受けながら、彼の野望(?)をよく聞いたものです。

 

「北斗の拳の、トキみたいになりたいんです」

 

 己の持つ技術のすべてを人を助けるために使いたい、という彼は、身体に関する知識はすでに有り余るほど持っていました。技術的にも申し分ありません。

 だけど、今まで施術してきた方々が、どうしていつまでもよくならないんだろう・・・というところに思い至り、身体だけじゃダメだ、脳や精神面にもアプローチしなければならない、と、さらに猛勉強を始められたのです。

 満を持して開業された「よぉなる治療院」では、もちろん身体の不調はしっかり治していただけます。が、彼は、基本的には「治しません」という施術方針をお持ちなのです。

 えー、なんで治してくれへんの? と思われますか?

 たとえ話をします。身内話で恐縮ですが、私の父親は、ひどいアル中でした。それキッカケで、糖尿も煩っていました。実家で台所をあずかっていた私は「父親用の糖尿食」と「大学生弟の高カロリー食」を、フルタイムで働きながら準備しなければなりませんでした(しかも入院中の母親の元にも、あっさりおいしいおかずをデリバリー。よくやったよ我ながらw)

 そんな父親に、糖尿病を治す新薬が出来ましたよ! ・・・と飲ませたところで、まずは「ひどいアル中」を治さないと意味ないですよね?

 身体が不調になるのは、なんらかの原因があるからです。だから、いくら治療院でマッサージを受けて「痛みがラクになったよー!」っつっても、そもそもの原因を解消しなければ、イタチごっこで意味がないのです。

 片岡先生は、そこをズバリ指摘してくださるのです。今の痛みはとりましょう、だけどね、ここは自分で気付かないといけないんだよ・・・と。

 その人を治したい! よくしたい! だからこそ・・・治さない。その人が気付くことを願って。

 そんな愛情あふれる施術をしてくださる片岡先生ですが、別に仙人みたいな方でもありませんので(笑)

 むしろ気さくな、ただの大阪のオッチャン(オッチャンって書いたら怒られるかなー? でも、もうオッチャンの年齢やでw)・・・私は全幅の信頼をおいています。身体が不調? 心も不調? ぜひ一度、施術を受けていただければ、と思います。

 

 

f:id:ikinarinurikabe:20190901193332j:plain

 

 ありがたいことにグレイヘア大阪フェスティバルのチラシも快く置いてくださいました。本当に信頼のおける治療院です。行ってみてください。

 

 そして、グレイヘア大阪フェスティバルのお申し込みは、こちらからお願いします♪