白髪姫と七ヶ月の格闘たち

平成30年9月1日に白髪染めを卒業し、平成31年4月19日にグレイヘア完成しました。約七ヶ月の育成記録とグレイヘアにまつわるあれこれを、のんびりと綴っています♪

私はインスタグラムが苦手です

私はインスタグラムが苦手です

 えっ、そーなん? って声が聞こえてきそうですが(笑)

 今こそ(?)声を大にして叫ぶぞ。私はインスタグラムが苦手です!

 ・・・グレイヘア大阪フェスティバル告知用に今数えたらなんと52件もアップしていた、どの口がホザいとんじゃと言われても、苦手なモンは苦手なんじゃーい。

 

 

インスタグラムが苦手な理由

(1)写真が苦手

 だって私、オサレなカフェとか行かないし(笑)

 そもそも、フツーに何かの写真を撮ってみても、センスの無さのカタマリなんですよ。ビビるくらいにノーセンス。だからライヴ会場で懇意にしているミュージシャンの方から撮影を頼まれても、絶対にお受けしません。単純にライヴを楽しみたい、という名目でお断りしていますが、せっかくの晴舞台にこのノーセンス女が撮影した写真しか残らないなんて、演者さんにあまりにも申し訳ないというのが真相。

 最近は、私のカメラ嫌いもすっかり浸透し(笑)誰からも頼まれることはなくなりました。情けないハナシではありますが、安心してライヴを楽しむことができます。

 そうそう、オサレなカフェに行かない私の食べ物写真の代表格が

 

f:id:ikinarinurikabe:20191013130028j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20191013130045j:plain

 

 明石の昼間から飲める「蜂の巣」ってお店の蜂の巣セットと、大阪ミナミの「わなか」のタコ焼き。

 どちらもめっちゃ美味しいのに、私が撮影するとむしろ営業妨害かってくらい残念な写真になってしまいます。ホンマに、どっちも美味しいのに!

 

(2)スマホからしか投稿できない

 コレは非常に大きい理由です。

 私はFacebookやTwitterを多用していますが、どちらもパソコンから投稿できるのが嬉しいのです。大きい画面から操作したいんだよぉ、妙齢女子としてはさ(笑)

 特にTwitterは「予約投稿アプリ」が充実していて、私が寝ているときも仕事しているときも健やかなるときも病めるときも(笑)告知をバンバンアップしてくれてありがたかったです。

 とにかく写真がノーセンスなので、パソコンに保存してあったラクガキをスマホに転送し、インスタに上げるという暴挙も告知中はやらかしました。や、ラクガキもノーセンスな気がするのですが(苦笑)

 

f:id:ikinarinurikabe:20191013130145j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20191013130200j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20191013130215j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20191013130229j:plain

 

 題して「似てない芸人似顔絵シリーズ」w

 笑い飯、サンドウィッチマン、千鳥、ナイツ・・・に見えてくれたら嬉しいです(笑)

 このシリーズ、一部スタッフにウケたのは嬉しかったなぁ。ミナミでスタッフミーティングをする際には、直前までなんばグランド花月の売店に入り浸ってた甲斐がありました(どんな甲斐やねん。笑)

 

(3)国際ロマンス詐欺師からのフォローが多すぎ

 全員を詐欺師と呼ぶのは失礼かもしれませんが、それにしても、ですよ。自身の投稿は非公開にした上で、プロフ画像とかはちょっとエエ感じの写真を配置して、ガンガンフォローしてくる外国人男性の群れには正直ウンザリです(笑)

 そんな中、お一方だけ、ジャパニーズな男性がいらっしゃいました。でも、この方はある意味「詐欺師」ではありません。なぜならプロフに「ヤリたい」と明記されていたからです。

 尾張ロマンス詐欺・・・いや、それでは、詐欺師とは言えないよ・・・と、そっとブロックした次第です(笑)

 

でも、良い経験になりました! インスタグラム

 ホントは苦手なのに、告知のためだけに再稼働させたインスタグラム。でも、フェスティバルが終わった今、良い経験になったなぁとしみじみ思うのです。

 告知を始めた頃、自分自身のプロフ欄を見たら「インスタの使い方がよくわかっていません」と書いていました。

 ・・・こんなヤツの告知を誰が信用するんだ? ってハナシです。

 当然、すぐに修正し、私はグレイヘアの人なんだよぉってアピールに差し替えました。プロフ画像も変更しました。

 で、毎日3回告知するってゆー怒濤のインスタ生活に突入したのですが。

 思いのほか、インスタグラムで出会う方々は優しかったです。グレイヘアという共通項を持つ方々とのやりとりは、本当に楽しかった。ありがたいな、素敵な方々だなぁ、と思いました。

 おそらくは、ハッシュタグという機能と、写真というダイレクトに視覚に訴えるチカラでしょうか。

 体感として、私がもともと得意なFacebookやTwitterよりも、共通の嗜好のある方々とは繋がりやすい気がしました。

 グレイヘア大阪フェスティバルのおかげで、新しいツールを使いこなせ・・・てるかどうかは謎ですが(笑)でも、新しい世界がひらけたことは確かです。

 なんでもやってみるもんですね。

 今でも正直、インスタグラムは苦手。でも、楽しんでやっていこうと思います。よろしければお付き合いくださいませ♪